本文へスキップ

ワイシャツのリフォーム 修理・再生
衿・カフスの交換 ¥2,980円〜
¥10,000円以上 送料無料

地球を守ろう  シャッツマン
www.shirt-man.com/
        ワイシャツの「袖口先(カフス先)のすり切れ修理」について


【お知らせ】

いつもたくさんの方にご利用頂き、感謝いたします。
現在、修理の依頼が集中しておりますので、
6/28(木)まで修理の受け付けを休止し、
6/29(金)より再開致します。

ご理解ければ幸いです。
どうぞ、よろしくお願い致します。






トップページ
 > ワイシャツの 「カフス先のすり切れ修理」について


修理内容

袖の袖口先(カフス先)がすり切れると、自分で良く見えるために気になります。
特に、腕時計をされる方は、シャツの先端が腕時計に擦れるために、袖口から傷んできます。
この修理により、シャツの袖口がすり切れて、もう着ることを諦めていたお気に入りのシャツを再び着ることが可能になります。

擦り切れた袖口先(カフス先)を5ミリ程度縫い込んで修理いたします。
袖の長さが5ミリ程度短くなります。



修理方法

修理方法は、袖のカフスをいったんシャツ本体から取り外し、
分解して擦り切れ部分を中に縫い込んで修理した後に、再度シャツに取り付けます。

「カフス周り全体がすり切れている」「ボタンホール(ボタン付け)の辺りまですり切れている」など、
擦り切れの状態、カフスの構造により修理が出来ないものがあります。ご了承ください。


袖口先(カフス先)の修理には、いくつかの修理方法があります。
弊社では、”(時間が掛かっても)最もきれいに仕上がる修理方法” を採用しています。


カフスとは、下記画像の赤ペンで示した白布の部分です。

カフスを説明する画像


修理料金

「袖口先(カフス先)のすり切れ修理」
修理料金(1着) ¥2,980円+税


修理の出来上がり日


修理の出来上がり日は、トップページの上部に表記してございます。
申込用紙にメールアドレスをご記入頂いた方には、修理の出来上がり日の目安を御連絡いたします。



修理の依頼方法


衿・カフス交換以外の申込用紙

@ 申込用紙をクリックし、 →申込用紙のページへ
A 必要事項をご記入ください。
B ご希望の修理内容の欄に、「カフス先のすり切れ修理」とご記入いただき、
シャツに付けて発送して頂ければ大丈夫です。

シャツが複数着ある場合は、クロネコヤマト便やゆうパック等の宅配便をお勧めいたします。
シャツが1〜2着の場合は、こちらの ”お得な送り方” をご覧ください。




トップページ > ワイシャツの 「カフス先のすり切れ修理」について

トップページ 
ワイシャツ・ネクタイ修理のトップページ。
初めての方へ
修理の依頼方法、荷造り送料代、お支払いのタイミングなど。
ご利用ガイド
ご注文・お届け内容の追加と変更。よくあるご質問Q&A。
 料金表
荷作り送料代。シャツ・ネクタイ修理の全ての料金表。
 私たちのこだわり
シャツ生地、芯地、縫製、ネクタイ修理についてのこだわり。作業風景。
 理念と支援活動
私たちの理念と環境保護支援活動。
 掲載記事
私共の活動をさまざまな方々が、紹介して下さっています。
 お客様の声
メールだけでなく、郵便振替用紙の通信欄にもたくさんの「お客様の声」を頂いています。

バナースペース


「手仕事にこだわり80年」
製造・販売元

梅屋ドレス

〒306-0515
茨城県坂東市沓掛3877-2

TEL 0297-44-2088
FAX 0297-44-2088

営業時間
平日 9:00〜17:00
休日 土 日 祝日

メールでのお問い合わせは
01@shirt-man.com

「地球を守ろう シャッツマン」ロゴ
シャツの
豆知識のページ

シャツの選び方、
デザイン、服装術など。