本文へスキップ
ワイシャツのリフォーム・修理・再生
地球を守ろう  シャッツマン
www.shirt-man.com/
    ワイシャツの「裾詰め」(着丈詰め)



トップページ > ワイシャツの 「裾詰め」(着丈詰め)


修理内容

「シャツの裾が長く、ズボンに入れる分量が多くて着にくい」。
または、「シャツをズボンの外に出して着たいので裾を短くしたい」などのご希望を頂きます。
「裾詰め(着丈詰め)」修理は、シャツの裾をご希望の寸法に短くする修理です。



【裾がストレートのシャツ】の場合、
両脇の裾にスリット開き(切れ込み)が入ったものは、裾を詰める長さにより無くなる可能性があるとご理解ください。


【裾がカーブしているシャツ】の場合、
両脇の裾に『ガゼット』と呼ばれる補強布(布を小さく三角形、五角形などに折り縫い付けたもの)があるシャツは、裾を詰めると無くなってしまう場合もあるとご理解ください。


修理料金

裾詰め(1着)  ¥2,650円+税


修理の出来上がり日


修理の出来上がり日は、トップページの上部に表記してございます。
申込用紙にメールアドレスをご記入頂いた方には、修理の出来上がり日の目安を御連絡いたします。



修理の依頼方法


衿・カフス交換以外の申込用紙

@ 申込用紙をクリックし、 →申込用紙のページへ
A 必要事項をご記入ください。
B ご希望の修理内容の欄に、「裾詰め」とご記入いただき、「前○○センチ、後ろ○○センチ詰める」と数値でご指定頂くか、「見本のシャツ」を付けて発送して頂ければ大丈夫です。

シャツが複数着ある場合は、クロネコヤマト便やゆうパック等の宅配便をお勧めいたします。
シャツが1〜2着の場合は、こちらの ”お得な送り方” をご覧ください。




トップページ > ワイシャツの 「裾詰め」(着丈詰め)

トップページ 
ワイシャツ・ネクタイ修理のトップページ。
初めての方へ
修理の依頼方法、荷造り送料代、お支払いのタイミングなど。
ご利用ガイド
ご注文・お届け内容の追加と変更。よくあるご質問Q&A。
 料金表
荷作り送料代。シャツ・ネクタイ修理の全ての料金表。
 私たちのこだわり
シャツ生地、芯地、縫製、ネクタイ修理についてのこだわり。作業風景。
 理念と支援活動
私たちの理念と環境保護支援活動。
 掲載記事
私共の活動をさまざまな方々が、紹介して下さっています。
 お客様の声
メールだけでなく、郵便振替用紙の通信欄にもたくさんの「お客様の声」を頂いています。

バナースペース


「手仕事にこだわり80年」
製造・販売元

梅屋ドレス

〒306-0515
茨城県坂東市沓掛3877-2

TEL 0297-44-2088
FAX 0297-44-2088

営業時間
平日 9:00〜17:00
休日 土 日 祝日

メールでのお問い合わせは
01@shirt-man.com

「地球を守ろう シャッツマン」ロゴ
シャツの
豆知識のページ

シャツの選び方、
デザイン、服装術など。

 修理メニュー
 *衿(襟)の修理*
 衿(襟)・カフスの交換
 衿の裏返し修理
 ボタンダウン加工
 スナップダウン加工
 衿元のはだけ防止の修理
 衿羽根のツレ・
ふくれの修理
 *シャツ本体の修理*
 穴あき修理
破れ・裂け修理
 身幅詰め・袖幅詰め
 袖丈詰め
 胸ポケットの交換・
取り付け・
取り外し・位置の移動・
ポケット口のすり切れ修理
 裾詰め(着丈詰め)
 *袖・カフスの修理*
 袖口(カフス)の交換
 袖口先(カフス先)の
すり切れ修理
 ダブルカフスを
シングルカフスに作り変える
 袖口のすり切れた
ダブルカフス”を
シングルカフスに作り変える
 ダブルカフスの
(カフスを交換しないで)
折り返した角(カド)
すり切れ修理
 シングルカフスに、
カフスボタンを使えるようにする加工
 穴あき修理
 破れ・裂け修理
 長袖ワイシャツを半袖にする
 袖丈詰め
 袖幅詰め
 剣ボロのボタンホール加工
  *ボタンの交換*
 ボタン取り付け
 ボタンをすべて交換
 *ネクタイの修理*
 ネクタイの修理