本文へスキップ

ワイシャツのリフォーム 修理・再生
衿・カフスの交換 ¥2,980円〜
¥10,000円以上 送料無料

地球を守ろう  シャッツマン
www.shirt-man.com/
  ワイシャツの 見頃、裾、袖布などの 「破れ修理」「裂け修理」について



トップページ
 > ワイシャツの 身頃、裾、袖布などの「破れ修理」「裂け修理」について


修理内容

シャツの破れ・裂けは修理することで再び着用可能になります。
少しの破れ・裂けでもそのまま放っておきますと大きくなってしまいますので早めの修理をお勧めいたします。

「破れ・裂け修理」とは、シャツの破れた、裂けた部分の裏側に布を当ててミシンを掛ける修理です。
ミシンをかけた跡は、表から見えます。



修理方法

生地の破れ・裂けの修理【参考画像】

修理方法は、裏側から生地を当ててミシンをかける方法が最も一般的です。
裏側から布を当ててミシンをかけて修繕致しますので、表側にミシンをかけた跡が残ります。
下記画像は、シャツの肘の辺りが裂けた時の修理画像です。

【肘の裂け修理の表側画像】
裂けた部分は、2〜3センチ程度。赤ペンの先は、ミシンをかけた部分です。
破れ・裂け部分が大きくても、修理方法は同じです。

肘の破れを修理した画像 表側

【下は、同じシャツの裏側の画像。裏側に布を当てて、ミシンを掛けています。】

当て布が同じ生地に見えるのは、このシャツが衿・カフスを交換したため、
取り外したカフスの生地(肌側)を切って、裂けの補修布として使用したためです。


肘の破れを修理した画像 裏側

当てた布の大きさは4センチ位です。

肘の破れを修理した画像 裏側 当て布の大きさの説明

下の画像は、別のストライプシャツの裂け修理です。
修理箇所は、肘の辺りです。
赤ペン先が、ミシンをかけた場所。


肘の破れを修理した画像 表側 別のストライプシャツ

下が同じストライプシャツの、裏側の画像です。
同様の生地が無い場合は、白地を使用いたします。


肘の破れを修理した画像 裏側


ワンポイントアドバイス

見落としやすい場所であれば、破れ・裂けの場所を特定できるように、目印をしてください。
糸印、付箋、セロハンテープなどでかまいません。
破れ・裂けが複数箇所
ある場合は、特に○○箇所と申込用紙にお書きください。

「首周り」や「衿の羽根先」の破れ・裂け修理は、仕上がりの見た目が良くないためにお勧めいたしません。


修理料金

「破れ修理」「裂け修理」
修理料金(1ヵ所につき) ¥900円〜+税
(破れている場所、大きさにより料金が変わります。)


修理の出来上がり日


修理箇所が少なければ、1週間〜10日後の仕上がりになります。
申込用紙にメールアドレスをご記入頂いた方には、修理の出来上がり日の目安を御連絡いたします。



修理の依頼方法

衿・カフス交換以外の申込用紙

@ 申込用紙をクリックし、 →申込用紙のページへ
A 必要事項をご記入ください。
B ご希望の修理内容の欄に、「破れ修理 〇〇の部分」「裂け修理 ○○の部分」と修理したい場所も記入し、
シャツに付けて発送して頂ければ大丈夫です。

シャツが複数着ある場合は、クロネコヤマト便やゆうパック等の宅配便をお勧めいたします。
シャツが1〜2着の場合は、こちらの ”お得な送り方” をご覧ください。




トップページ > ワイシャツの 身頃、裾、袖布などの「破れ修理」「裂け修理」について

トップページ 
ワイシャツ・ネクタイ修理のトップページ。
初めての方へ
修理の依頼方法、荷造り送料代、お支払いのタイミングなど。
ご利用ガイド
ご注文・お届け内容の追加と変更。よくあるご質問Q&A。
 料金表
荷作り送料代。シャツ・ネクタイ修理の全ての料金表。
 私たちのこだわり
シャツ生地、芯地、縫製、ネクタイ修理についてのこだわり。作業風景。
 理念と支援活動
私たちの理念と環境保護支援活動。
 掲載記事
私共の活動をさまざまな方々が、紹介して下さっています。
 お客様の声
メールだけでなく、郵便振替用紙の通信欄にもたくさんの「お客様の声」を頂いています。

バナースペース


「手仕事にこだわり80年」
製造・販売元

梅屋ドレス

〒306-0515
茨城県坂東市沓掛3877-2

TEL 0297-44-2088
FAX 0297-44-2088

営業時間
平日 9:00〜17:00
休日 土 日 祝日

メールでのお問い合わせは
01@shirt-man.com

「地球を守ろう シャッツマン」ロゴ
シャツの
豆知識のページ

シャツの選び方、
デザイン、服装術など。